挫折しない!英文法学習のススメ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

英語で会話したり、英語の文章を読んだり・・・英語ができるようになりたいんだけど、英語の文法って難しいよね。中学の時から苦手・・・。どうやったら挫折せずに文法の勉強ができるんだろう?

英語を学びたいけど、文法が難しくて躊躇していませんか?

この記事では、英文法が何であるかから、効果的な学習方法まで、初心者にも分かりやすく解説します。これを読むことで、英語学習の始め方が理解でき、学習の進め方や効果的な勉強法のヒントを掴むことができます。英語の文法を身につけることで、あなたの英語力は確実に向上します。英語の世界をより深く理解し、あなたの可能性を広げましょう。

はじめに

「なぜ英文法を学ぶのか?」と思うかもしれません。それは、英文法が言語の「骨組み」であり、意味を正確に伝え、また理解するために必要不可欠だからです。英語を学ぶ目的が何であれ、英文法を理解することで、より正確で自然な英語を話すことが可能となります。また、英語のリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングといった全てのスキルの向上に繋がります

英語の学習は、日常生活にも職業生活にも非常に有用です。国際的なビジネスシーンでは、英語はコミュニケーションの基本となっています。また、旅行、映画や音楽、文学などを原語で楽しむといった個人的な趣味の範囲でも、英語力はあなたの世界を大きく広げることでしょう。

しかし、文法学習は初心者にとって難しく感じるかもしれません。そのためこの記事では、その難しさを少しでも軽減し、効果的な学習方法を提供することを目指します。その第一歩として、まずは基本的な英文法の概念について説明していきましょう。

“"

英文法とは何か

英文法とは、一体何でしょうか? シンプルに言うと、英文法とは英語を正しく、効果的に使うためのルールのことを指します。このルールには、単語の配置や形、文の構成など、英語の使用をどのように整理し理解するかの方法が含まれています。

英文法を理解するということは、英語という言語を構成するパーツを理解し、それらがどのように一緒に動作するのかを理解することです。それはちょうど、パズルのピースを正しい位置に配置して全体の絵を作り出すようなものです。このパズルのピースとは、名詞、動詞、形容詞、副詞などの単語や、時制、前置詞、関係詞といった文の構成要素です。

英語を学ぶ上で英文法はなぜ重要なのでしょうか。それは、英文法が英語の「通信基準」を提供するからです。例えば、一つの文を構成する際、単語は特定の順序で配置され、特定の形になります。これらのルールを知っていれば、意味を正確に伝えることができます。また、他人が話す英語を理解する際にも、これらのルールを頼りに意味を解釈します

しかし、それぞれの文法ルールには例外もあり、規則が複雑であることもしばしばです。それにより英文法の学習は難しく感じることもあるでしょう。だからと言って、その学習を避けるべきではありません。なぜなら、この「ルールと例外」を理解することが、英語を自在に操る鍵となるからです。学習初期では簡単な文法ルールから始め、徐々に複雑な概念に進むという方法がおすすめです。

created by Rinker
明日香出版社
¥2,420 (2024/06/23 15:00:17時点 Amazon調べ-詳細)

英文法学習の開始

では、英文法の学習をどのように始めるべきでしょうか。これからご紹介するのは、その一例としてのステップです。人それぞれ学習スタイルやペースが違いますので、自分に最適な方法を見つけていくことが重要です。

まず最初に、英文法の基本的な要素について理解しましょう。これらは英文法の「ブロック」であり、具体的には名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞、連語、接続詞などが含まれます。

  • 名詞:人、場所、物、動物、アイデアなどを表す単語です。具体的なもの(人、テーブルなど)から抽象的なもの(幸せ、自由など)まで多岐にわたります。
  • 動詞:アクションや状態を表す単語です。「run」、「eat」、「feel」、「is」などが含まれます。
  • 形容詞:名詞を詳しく説明するための単語です。色、形、大きさ、質、感情などを表す単語が含まれます。
  • 副詞:動詞、形容詞、他の副詞の意味を補う単語です。「quickly」、「very」、「well」などが含まれます。
  • 前置詞:名詞と他の単語との関係を示す単語です。「in」、「on」、「at」などが含まれます。
  • 連語:特定の意味を持つ二つ以上の単語の組み合わせです。「in spite of」、「due to」などが含まれます。
  • 接続詞:二つ以上の単語や節をつなげる単語です。「and」、「but」、「if」などが含まれます。

これらの要素を理解するためには、単語とその使い方を学び、文を作る練習をすると良いでしょう。

英語力UPの近道!英語日記で学習効果を最大化する方法

また、英文法の学習はただルールを覚えるだけでなく、そのルールを使って自分の言葉で表現する練習も大切です。初めて覚えた単語や文法を使って文を作り、友人や先生、あるいはランゲージエクスチェンジ(言語交換)パートナーなどにチェックしてもらうことがおすすめです。

語学力向上の秘訣:ランゲージエクスチェンジとプロ講師の有効な活用方法
“"

英文法の重要な要素

ここからは、英文法の重要な要素について深く掘り下げていきましょう。具体的には、時制、助動詞、前置詞、関係詞などについて説明します。

  • 時制時制は動詞の形を変えることで、出来事がいつ起こったかを示します。例えば、「I play soccer(私はサッカーをします)」は現在形、「I played soccer(私はサッカーをしました)」は過去形、「I will play soccer(私はサッカーをします)」は未来形を表します。これら以外にも進行形、完了形など、より詳しい時制が存在します。
  • 助動詞助動詞は主動詞の前に置かれ、その動詞の意味を補完したり、ニュアンスを付け加えたりします。「can」、「may」、「must」などが助動詞です。例えば、「I can swim(私は泳げます)」、「You must study(あなたは勉強しなければなりません)」などです。
  • 前置詞前置詞は名詞や代名詞の前に置かれ、それが他の単語とどのような関係にあるかを示します。「in」、「on」、「at」などが前置詞です。例えば、「I live in Tokyo(私は東京に住んでいます)」、「The book is on the table(本はテーブルの上にあります)」などです。
  • 関係詞関係詞は、二つの文や節をつなげる役割を果たします。「who」、「which」、「that」などが関係詞です。例えば、「He is the man who helped me(彼は私を助けた男性です)」、「This is the book that I like(これは私が好きな本です)」などです。

英文法学習のためのリソース

次に、これらの知識を深めるためのリソースをいくつか紹介します。これらのリソースは、初心者向けに作られていて、基本から丁寧に解説されています。

  • 参考書:「English Grammar in Use」は、全て英語で書かれていますが、初級から中級レベルの学習者向けの定番教科書で、分かりやすい説明と豊富な練習問題が特徴です。世界中でよく使われている教科書ですが、英語学習中の日本人にも評判がよいです。
  • アプリ:「スタディサプリ ENGLISH」は、新日常英会話コース でも ビジネス英語コース でも、中学から高校レベルまでの基礎的な英語を学び直すことができる基礎講座が搭載してされており、英文法・英単語・リスニング・発話の基礎を学ぶことができます。「Z会Asteria for Business 」なら英会話レッスン・添削指導込みで、英検3級(中学レベル相当)の内容から、TOEIC945点レベルまで対応しています。
  • オンライン英会話:オンライン英会話で会話練習しながら、文法を学ぶこともできます。「 ネイティブキャンプ 」なら豊富な文法教材が用意されている上、月額6,480円 (税込)でレッスン受け放題です。

以上のリソースは一例であり、自分の学習スタイルや目標に合わせて選ぶことが重要です。

初心者でも安心!オンライン英会話を始めるためのステップ

学習のヒントとコツ

英文法の学習を始めるにあたり、効率的に学ぶためのヒントとコツをいくつか紹介します。

  • 定期的な復習:新しい情報を覚えることは重要ですが、それを定期的に復習することがさらに重要です。忘却曲線という心理学の理論によれば、情報は時間とともに忘れていくので、定期的に復習を行うことで長期記憶に留めることができます。
  • コンテクスト文脈を用いた学習:単語や文法を孤立した形で覚えるのではなく、実際の文脈で学ぶことが推奨されます。これは、言語はコンテクスト中で使われることを前提としているからです。実際の会話や文章を通して新しい文法を学ぶことで、それがいつ、どのように使用されるのか理解することができます。
  • 自然な英語の使用例の活用:映画、音楽、ポッドキャスト、ニュース記事など、自然な英語が使用されているリソースを活用することは非常に有効です。これにより、英文法が現実のコミュニケーションの中でどのように機能するかを理解できます。
  • 一定のリズムで学習する:毎日少しずつ学習することで、英文法のスキルを定着させることができます。大量の情報を一度に詰め込もうとすると、それが混乱を招き、長期記憶に移行するのを妨げる可能性があります。
  • 楽しみながら学習する:楽しみながら学ぶことで、学習が負担にならず、長期的な視点で続けられます。好きな音楽や映画を通じて、または友人と英語でチャットするなどして、楽しみながら英文法を学んでみてください。

これらのヒントを活用することで、英文法の学習がより効果的かつ楽しいものになるでしょう。

時間がない人でも大丈夫!スキマ時間で英語学習が可能な8つの方法 楽しみながら英語力アップ!海外ドラマ・映画で学ぶ効果的な英語学習法とは

まとめ

この記事を通じて、英文法の基本的な要素、その学習方法、利用可能なリソース、そして効果的な学習のヒントとコツについてご紹介しました。英語学習は、一歩一歩着実に進むことが大切であり、毎日少しずつ学ぶことで、必ずや成果が上がることでしょう。

英文法を理解し使いこなすことは、英語を流暢に話すための重要な一歩です。また、それは単なる学習の一環であるだけでなく、日常生活や職業でのコミュニケーション能力を高めるための有効な手段でもあります。特に、情報化社会が進む現代では、英語のスキルはあらゆる場面であなたの強みとなることでしょう。

学び始めるとき、困難を感じることもあるかもしれません。しかし、それは新しいスキルを獲得する過程において、普通のことです。適切なリソースと学習方法を活用しつつ、自分自身に対する忍耐力と理解を持つことが重要です。

挫折せずにコツコツと続けていけば、必ずや英文法の理解が深まり、英語の表現力が豊かになることでしょう。

“"