英語試験一覧!あなたの目標に最適な試験はどれ?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

英検、TOEIC・・・英語の試験って色々あるけど、何が違うの?大学受験で英語を勉強したけど、その時の知識があれば対応できるのかな?どの資格を取れば、スキルアップに役立つんだろう?

英語学習を始める際、最適な試験を選ぶのは難しい問題です。そこで、本記事では英語の主要な試験について、それぞれの目的や特徴、評価スキル、そしてどのような人に適しているかを解説します。この記事を読めば、自分にピッタリの英語試験を見つけるための知識が手に入ります。これにより、英語学習の道筋をより明確に、そして効率的に進めることができるでしょう。

はじめに

まず、なぜ英語試験が重要なのでしょうか。英語の学習進捗を具体的に示すことは、自己啓発の一環であるだけでなく、教育や仕事の世界での競争力を高めるためにも役立ちます。英語の能力を正確に評価する試験は、あなたが目指す目標に対する準備度を知るための重要なツールとなります。

それぞれの試験には特徴と目的があります。たとえば、「受験英語」は、高校や大学の入学試験で求められる英語力を測るためのものです。一方、「英検」は一般的な英語能力を幅広く評価し、初級者から上級者まで様々なレベルをカバーしています。「TOEIC」はビジネスシーンでの英語コミュニケーション能力を、「TOEFL」や「IELTS」は学術的な場での英語使用能力を測ります。「GTEC」は特に大学生や若いビジネスパーソンを対象に、総合的な英語力を評価します。最後に、「通訳案内士試験」は、旅行者への案内や通訳が可能な高度な英語力を問います。

それぞれの試験は異なるスキルを評価します。受験英語は一般的に読解力と文法力を重視します。英検はリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの全てを評価します。TOEICはビジネス英語のリーディングとリスニングを、TOEFLとIELTSは学術英語の四技能を評価します。GTECも一般的な英語の四技能を評価しますが、その中でも特にリーディングとリスニングに重点を置いています。通訳案内士試験では、高度なリーディングとスピーキング能力が求められます。

本記事では、これらの試験の詳細について深く掘り下げていきます。自分の英語学習の目的に最も合った試験を選べるように、各試験の特徴、試験内容、評価方法、適切な学習リソースと勉強法、そして他の試験との比較について説明していきます。

大学受験英語

大学受験英語とは、一体何でしょうか。これは日本の高校生が大学入試で対面する英語試験のことを指します。そして、その主な目的は、受験生が高校教育の間に学んだ英語の知識と技能をどの程度習得しているかを確認することです。

目的と特徴

この試験は、基本的な英語の知識を問う形で出題されます。ここで重要なのは、文法や語彙の理解、そして読解力です。また、共通テストや一部の私立大学ではリスニング力も評価する試験を導入しています。英作文やスピーキングのような生産的なスキルは試験の一部ではありますが、主に一部の私立大学や国公立大学の二次試験で求められます。

試験内容と評価方法

大学受験英語は、主に以下のような形式で出題されます。

  • 文法・語彙問題:一部の文を欠いた文章を完成させるために、正しい単語や文法形式を選ぶ問題です。
  • 長文読解:複数のパラグラフから成る文章を読み、文章の意味や内容について問う問題です。この中には文章の主旨を尋ねる問題や、特定の情報を探す問題などが含まれます。
  • 短文読解:一つまたはそれ以上のパラグラフから成る短い文章を読み、文章の意味や内容について問う問題です。
  • リスニング:英語の音声を聞き、その内容について問う問題です。一部の大学で採用されています。

学習に適したリソースと勉強法

受験英語を学習するためには、教科書や参考書を使うのが一般的です。特に、過去問題集は非常に有効なリソースで、同じ形式の問題に慣れることができます。また、英語の文法書や語彙書を使って基礎知識を深め、それを過去問題で試すという学習法が一般的です。

他の試験との比較

大学受験英語は他の英語試験と比較して、特に読解力に焦点を当てた試験です。他の試験では四技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)を総合的に評価するものが多いですが、大学受験英語では主にリーディング(と一部リスニング)に重きを置いています。また、受験英語の範囲は主に高校教育で学習する英語知識に限定されている点も特徴的です。

英検(英語検定試験)

英語検定試験、通称英検は、英語能力を評価するための日本国内で広く認知されている試験です。この試験は初心者レベルから上級レベルまでの幅広いレベルをカバーしており、幅広い年齢層に対応しています。

目的と特徴

英検の目的は、日本人の英語能力を公平に評価することです。特に英検は5技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング、グラマー)を評価しますが、スピーキングとライティングは主に2次試験で評価されます。英検のレベルは初級の5級から上級の1級まであり、さらに準1級と準2級があります。

試験内容と評価方法

英検は次の形式で出題されます。

  • 一次試験:文法、語彙、読解、リスニングの問題が出題されます。
  • 二次試験:3級以上のレベルでは、一次試験に合格した受験生が二次試験に進みます。ここでは、英作文(ライティング)と面接(スピーキング)の評価が行われます。

学習に適したリソースと勉強法

英検の学習には、英検の公式テキストや問題集が有効です。また、ライティングやスピーキングの練習には、英語教師やネイティブスピーカーとの対話が有効です。これにより、実際のコミュニケーション能力を磨くことができます。

ライティングやスピーキングの練習をするにあたり、確実に合格を狙いたい場合や、練習できる環境がない場合は、英検に特化したサービスを使うと良いでしょう。例えば、マイチューター 英検対策コース なら、英検対策のライティングやスピーキングはもちろん、過去問や英検合格に必要な単語まで、幅広い英検対策のレッスンが受けられます。

英検の勉強を何から始めていいかわからない、最後まで一人で頑張れるのか不安だ、という場合は、英検対策コーチング エイゴバ を利用するのもいいでしょう。

他の試験との比較

英検は日本国内で広く認知されており、学校の授業や社会人の英語学習にも頻繁に取り入れられています。また、全ての技能をバランス良く評価する点で他の試験とは一線を画しています。しかし、国際的な試験であるTOEICやTOEFLと比較すると、英検の知名度や認知度は日本国内に限られるため、海外での就職や留学を考えている人にとっては、これらの国際試験の受験も検討する価値があるでしょう。

TOEIC(Test of English for International Communication)

TOEICは、国際的なビジネスの場で必要とされる英語コミュニケーション能力を評価する試験です。全世界で広く認知されており、特にビジネス英語の能力を測るための指標として多くの企業や教育機関で利用されています。

目的と特徴

TOEICの目的は、ビジネスの文脈での英語のリーディングとリスニング能力を評価することです。この試験は、実際のビジネスのシーンを模した問題が出題され、試験を受ける人々がその状況での英語の理解力とコミュニケーション能力を示すことを求められます。

試験内容と評価方法

TOEICはリーディングとリスニングの2部構成で行われ、それぞれのセクションで最高495点、合計で990点満点の試験です。

  • リスニング部分:会話や質問に基づく問題が出題されます。受験者は、様々なアクセントの英語を理解し、適切な回答を選びます。
  • リーディング部分:広告、公式文書、新聞記事などを元にした問題が出題されます。受験者は、読解力と情報を理解し、適切に解釈する能力を試されます。

学習に適したリソースと勉強法

TOEICの学習には、公式問題集やオンラインリソースを使用することが有効です。また、リスニング能力を向上させるためには、様々なアクセントの英語を聞くこと、そしてリーディング能力を向上させるためには、ビジネス英語のテキストを読むことが推奨されます。

created by Rinker
¥3,080 (2024/06/23 13:32:13時点 Amazon調べ-詳細)

具体的に何をしたらいいかわからないという場合は、TOEICに特化したアプリ スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策コース がおすすめです。中学レベルの学び直しからハイスコア対策まで対応している上に、最短1回3分からのTOEIC対策ができます。全ての機能が7日間無料でお試し可能なので、まずは試してみるといいでしょう。

確実に高得点を狙いたいという方は、料金が他のサービスと比べて高めではありますが、結果にコミットでお馴染みの ライザップ ENGLISH がおすすめです。点数保証があるのが特徴です。

他の試験との比較

TOEICは主にビジネス英語を評価するため、英検やTOEFLなどの他の英語能力試験と比較して、その焦点が異なります。また、TOEICはリーディングとリスニングに重点を置いているため、スピーキングやライティングを評価する試験とは異なります。ただし、TOEICのスピーキング&ライティングテストも別途存在します。

TOEFL(Test of English as a Foreign Language)

TOEFLは、非英語圏の人々が英語を第二言語として使用する際の能力を測定する試験です。主にアメリカやカナダの大学入学に際して必要とされるスコアとして広く認知されており、国際的な教育の場で英語のスキルを評価するための基準とされています。

目的と特徴

TOEFLの主な目的は、英語を母国語としない人々が学術的な環境で英語を使用する能力を測ることです。したがって、TOEFLは大学の授業や学術的なディスカッションで使われる語彙や表現を強く重視します。

試験内容と評価方法

TOEFLは4つのセクション、すなわちリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングから成り立っています。それぞれのセクションは30点満点で、合計で最高120点を得ることができます。

  • リーディング:受験者は学術的な文章を読み、理解して関連する質問に答えます。
  • リスニング:受験者は学術的な講義や会話を聞き、それについての理解度を測る質問に答えます。
  • スピーキング:受験者は与えられたトピックに基づいて英語で話し、そのコミュニケーション能力を評価されます。
  • ライティング:受験者は特定のトピックについてのエッセイを書き、その表現力と語彙力、論理性を評価されます。

学習に適したリソースと勉強法

TOEFLの学習には公式ガイドブックやオンライン学習リソースを活用すると良いです。また、アカデミックな英語を理解する力を鍛えるために、大学の授業ノートや学術論文の読解、そして自分自身での英語でのエッセイ作成に取り組むことも推奨されます。

具体的に何をしていいかわからない場合は、TOEFL対策を行なっているスクールに申し込むのが良いでしょう。例えば、バークレーハウス なら、TOEFL指導歴20年以上・TOEFLエキスパートDiego講師の監修のプログラムが用意されているので、安心して取り組むことができます。

他の試験との比較

TOEFLはアカデミックな英語能力を中心に評価するため、英検やTOEICと比較して、より高度な語彙力と表現力が求められます。また、スピーキングとライティングのセクションがあるため、実際のコミュニケーション能力の評価も含まれています。

英語を学び始めたばかりの初心者がTOEFLを目指すのは難易度が高いかもしれませんが、将来的に海外の大学で学びたい、研究者や教育者として働きたいと考えている方にとっては、最終的な目標として設定するのに適した試験です。

IELTS(International English Language Testing System)

IELTSは英語を母国語としない人々が英語を使用する際の能力を測定する試験で、特に英国、オーストラリア、ニュージーランドなどで大学入学やビザ取得の際に必要とされるスコアとして広く認知されています。また、多くの企業がIELTSスコアを英語能力の証明として受け入れています。

目的と特徴

IELTSは、学術的な環境だけでなく、日常生活や職場での英語使用能力も測定することを目的としています。そのため、受験者は生活シーンや職場で遭遇する可能性のある実践的な課題に取り組むことになります。試験はアカデミック版とジェネラルトレーニング版の2種類があり、受験者は自身の目的に合わせて選ぶことができます。

試験内容と評価方法

IELTSは4つのセクション、すなわちリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングから成り立っています。

  • リーディング:このセクションでは、様々なトピックの文章を読み理解し、それに基づく質問に答えます。試験時間は60分です。
  • リスニング:このセクションでは、4つの録音を聴き、それぞれに関連する質問に答えます。試験時間は約30分です。
  • スピーキング:このセクションでは、個別面接形式で受験者のスピーキング能力が評価されます。試験時間は11-14分です。
  • ライティング:このセクションでは、2つのタスクを書きます。試験時間は60分です。

学習に適したリソースと勉強法

IELTSの学習には、公認の学習教材やオンラインの学習プラットフォームが有効です。日常生活や職場のシーンで使われる英語に慣れるために、英語でのニュース記事の読解や、英語での会話やディスカッションに参加することも推奨されます。

created by Rinker
¥2,759 (2024/06/23 13:32:15時点 Amazon調べ-詳細)

何から手をつけていいのかわからない場合は、IELTS対策ができるスクールを利用するといいでしょう。前述したバークレーハウスには IELTS対策 も用意されています。IELTS専門家の正木講師を中心に、IELTS高得点を取得し指導経験豊富な方が多く在籍しているので、安心できます。

他の試験との比較

IELTSは実践的な英語能力を測る点でTOEFLと共通点を持ちますが、TOEFLがアメリカ英語に焦点を置いているのに対し、IELTSでは様々な英語圏のアクセントが試験で使用されます。また、TOEICや英検に比べて、より実践的で複雑な課題に取り組むことが求められます。

IELTSは初心者にとっては難易度が高いかもしれませんが、将来的に海外で学ぶ、働く、または移住するという目標を持つ方々にとっては、非常に価値のある試験と言えるでしょう。

GTEC(Global Test of English Communication)

GTECは、特に日本国内の中高生や大学生、ビジネスパーソンを対象とした英語能力試験で、四つのスキル(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)全てを総合的に測定します。日本発の試験ということもあり、国内の企業や大学での採用・進学の際に活用されています。

目的と特徴

GTECは、日常的な英語コミュニケーション能力を重視して設計されています。そのため、学術的な英語能力を問う試験とは異なり、ビジネスや日常生活における実際の英語使用状況を模倣した内容となっています。

試験内容と評価方法

GTECは4つのセクションからなります。

  • リーディング:選択問題や文章埋め問題など、多様な形式の問題が出題されます。
  • リスニング:様々な状況を模した会話や発表を聞き、それに関する質問に答えます。
  • ライティング:与えられたトピックについてエッセイを書きます。
  • スピーキング:個別の面接形式で行われ、自己紹介や与えられたトピックについての意見表明などが求められます。

学習に適したリソースと勉強法

GTECの公式ウェブサイトでは、過去問題や模擬試験が提供されているため、これらを利用することがおすすめです。また、英語のニュース記事を読んだり、英語のポッドキャストを聞いたりすることで、リーディングやリスニングのスキルを磨くことができます。

他の試験との比較

GTECは実用的な英語能力に焦点を当てている点で、TOEICと共通点がありますが、ライティングやスピーキングの評価がある点で、より広範囲のスキルを測る試験と言えます。TOEFLやIELTSと比べると、GTECは学術的な英語よりも日常的な英語の使用に重点を置いています。

英語初心者にとっては、GTECはやや難易度が高いかもしれませんが、ビジネスシーンでのコミュニケーション能力を身につけたい方や、日常英語を自由に扱いたいと考える方には有用な試験となるでしょう。

“"

全国通訳案内士試験

通訳案内士試験は、観光庁が主催する国家資格試験で、外国人観光客に対する通訳やガイドを担当する専門職、通訳案内士の資格を得るための試験です。

目的と特徴

通訳案内士試験の主な目的は、日本の観光地や文化、歴史について深い知識を持ち、それを外国語で適切に伝えることができる人材を認定することです。この試験は、外国語能力だけでなく、日本の文化や歴史についての深い理解も求められます。

試験内容と評価方法

通訳案内士試験は、一次試験と二次試験の二段階で行われます。

  • 一次試験:外国語、日本の地理、歴史、文化、政治、経済などについての知識を問う筆記試験です。
  • 二次試験:一次試験に合格した者のみが受験資格を得られます。実際の通訳案内士の仕事を模擬した口述試験で、英語などの外国語能力とコミュニケーション能力、案内技術を評価します。

学習に適したリソースと勉強法

通訳案内士試験の学習では、まずは基本的な英語力を身につけることが必要です。それに加えて、日本の歴史や文化について学ぶための書籍やウェブサイト、または観光地への訪問などを通じて具体的な知識を深めることが重要です。また、試験対策のための専用テキストや過去問題集なども有効な学習リソースとなります。

created by Rinker
¥2,420 (2024/06/23 13:32:15時点 Amazon調べ-詳細)

他の試験との比較

通訳案内士試験は、他の一般的な英語能力試験とは異なり、特定の職業資格を目指すための試験であり、日本の深い知識が求められる点が特徴です。通訳案内士試験は、TOEICやTOEFLなどの試験と比べると、英語の使い方についてより具体的なスキルが求められます。具体的には、観光客に対して英語で案内を行ったり、日本の文化や歴史について説明したりする能力が試されます。

英語初心者にとっては、通訳案内士試験は高度な英語力と広範な知識が求められるため難易度は高いですが、将来的に観光業界で働きたい、または日本の文化を深く理解したいという目標を持つ方には非常に有意義な試験です。

“"

まとめ:あなたに最適な英語試験を選ぼう

これまでに紹介した各英語試験は、それぞれ異なる特性と目的を持っています。これから英語の学習を始める初心者の皆さんにとって、最初の一歩は「自分に最適な英語試験」を見つけることです。

各試験の比較と選択のポイント

大学受験英語は一般的な英語能力を測るためのもので、特に大学進学を目指す高校生には重要な試験です。英検は幅広いレベルの英語能力を評価する試験で、特に日本の学生やビジネスパーソンに人気です。

TOEICやTOEFL、IELTSは、国際的な環境での英語使用能力を測るための試験です。TOEICはビジネス英語に特化しており、職場での英語使用が求められる方に適しています。TOEFLやIELTSは学術英語に重きを置いており、海外の大学への進学を考えている方に適しています。

GTECは日本の教育機関での英語教育の現場における能力測定としてよく使用され、通訳案内士試験は観光業界で働くための専門的な知識と技術を測定します。

自分の目的や必要なスキルに基づいて最適な試験を選ぶためのガイドライン

自分に適した試験を選ぶためには、まず自分の英語学習の目的を明確にします。例えば、大学への進学、就職や昇進、海外留学、専門的な知識の取得など、それぞれの目的に応じた試験があります。

また、試験を選ぶ際には、その試験が何を評価するのかを理解することが重要です。例えば、リーディングやライティング、リスニング、スピーキングの各スキルがどれだけ評価されるのか、文化や歴史など特定の知識が必要とされるのか等を考慮しましょう。

最後に、自分の現在の英語力も考慮することが重要です。無理に高度な試験を選ぶのではなく、自分のレベルに適した試験から始めることで、英語学習のモチベーションを維持しやすくなります。

以上を踏まえて、自分にとって最適な英語試験を選び、新たなステップへと進んでいきましょう!

“"